海外に滞在する|売上が芳しくない飲食店に朗報|諦めないで
女性

売上が芳しくない飲食店に朗報|諦めないで

海外に滞在する

カード

香港で就労ビザを取得するときには、いくつかの条件があるというのを忘れないようにします。申請者が香港にとって有益であり、ここにはない業務上の知識や技術や経験を持っているという人が原則となっています。したがって専門職や管理職以外の人が就労目的で取得することは少し難しいと考えておきます。一般的に就業制作の就労ビザの期限は1年間となっています。しかしこの後で延長をすることができるようになっています。投資に関しては、申請の際に決算書を提出しなければいけません。更新に関しては事業計画の進捗状況や決算内容を審査して決められるという1年更新が一般的となっています。外国人が取得せずに就業した場合には、不法就労となるので注意が必要です。

香港に滞在するときには、自動的に90日間の訪問ビザが発行されるようになっていますが、就業を目的としている場合には就業可能なビザを取得する必要があります。香港の就業に関するビザの申請に関しては、申請者本人の経歴だけではなく受け入れ先の香港法人も審査の対象となっているというのを忘れないようにします。香港で就業が可能なビザは次のようになっています。それは就労ビザとなります。これは香港の会社へ転勤をするか就職をするときに必要です。このほかに投資ビザがあります。これは香港にある法人の株主として就業するときに取得をするという形となっています。英語が得意であっても申請の際には専門家へ相談や依頼をすると安心です。そうすれば、難しい手続きなども代行してもらえるからです。いまはインターネット上で探すことも可能なので、評判なども見ながら探してみましょう。