外資制限のチェックは必要|売上が芳しくない飲食店に朗報|諦めないで
女性

売上が芳しくない飲食店に朗報|諦めないで

外資制限のチェックは必要

ビル

国内の安全を守るため

インドネシアは産業が発展しつつある国ですが、その産業の発展と共に外資へと制限を加えるようになりました。国内産業を守るためであり、国家運営上のリスクを考える上では必要な措置と言えます。ところがインドネシアに会社設立を考える日本企業にとっては厳しい制限となるでしょう。この外資制限は会社の分野ごとに定められており「ネガティブリスト」というリストに一覧が掲載されています。ネガティブリストは2016年に改定され、今後も更新される可能性があるため会社設立の際にはチェックすると良いでしょう。例えば投資ができない事業分野としてはアルコールを含有する酒類産業やカジノ、原動機付車両形式試験の運営などがリストに記載されています。

現地企業との連携を取る

完全にインドネシアで業種が禁止されている産業は他にも色々とありますが、中には条件付きで開放されている事業分野もあります。例えば森林事業や稚魚の生産などはパートナーシップの条件が付けられているだけです。他にも通信販売・インターネットによる小売業や宝石産業なども現地のパートナーシップを確保することができれば参入することも可能でしょう。インドネシアで会社設立をするときにはこうした現地企業との連携による参入と言う形もあります。もし進出したい事業分野がネガティブリストに記載されているなら、何らかの制限を受ける可能性があるため良くチェックしておきましょう。また、このネガティブリストは外資制限に関するリストなので、内資法人として会社設立をする場合には問題が解決できるかもしれません。